2014年10月11日

山間の水郷、郡上八幡

三連休を利用した、旅行の最初の訪問地は郡上八幡。38年前に犬山城、岐阜城と回ってきた時に、計画しながら行けなかった所です。高速道路から、郡上八幡城が見えてきた時の感慨はひとしお。ただ、山上に佇む城…ということは、登城しようと思うと、山登り…^^;ということかなとも思い、ちょっと日和っていました。実際は天守閣の近くまで、乗用車で行くことができ、安堵、小さいながらお見事な天守閣です。戦後に復元され、しかも木造なので、鉄筋と違い、昔の風情を残しながら、しかも、縄梯子みたいな階段で登ることもなく、快適な観光スポットです。
hachimansjyo.jpg
先日行った犬山城や、この後行った丸岡城は、超狭くて急な縄梯子みたいな階段なので、郡上八幡城は、風情と快適さのバランスが良いお城です。街の散策も、極めて快適です。観光案内所の駐車場に車を止め、水郷都市の水路や町並みを散策。
suigo.jpg
驚いたのは、食品サンプルでも有名な都市らしく、そこここに食品サンプルのお店や土産物屋がありました。食品サンプル作成体験もありました。飛騨高山への道中だったので、長居はできませんでしたが、ここだけでも1日過ごせそうな所です。
posted by Taocat at 15:55| 大阪 ☁| Comment(0) | ええとこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

平等院鳳凰堂のリニューアル

平等院鳳凰堂のリニューアルより、時が経ち、そろそろ人混みもマシになったかなと考え、見に行ってきました。子供の頃のイメージでは、焦げ茶の10円玉そのもので、極楽浄土とは程遠い感じでしたが、今は見事に美しくなり、華やかなりし藤原氏の栄華が垣間見えるほどになりました。
byodoin.jpg
特別拝観では、鳳凰堂中央の仏像のところまで行く事ができ、解説もしてくれるので、壁の装飾や天井の造作がよくわかります。壁は古いまま残してあるところと、新しく丹塗りをした所の対比もあり、それはそれで、歴史を感じます。壁の極彩色は再現されていませんが、隣の近代的な建物では、CGによる、再現映像があり、屋根の上の黄金の鳳凰、柱や壁の朱色、木々の緑と池の反射、空の碧、それに、極彩色の彫刻と壁画は、極楽浄土を髣髴とさせるものがあります。
byodoin2.jpg
平等院の後で立ち寄った、源氏物語博物館で見る、宇治の草深い土地柄から考えると、その時代における鳳凰堂の景色は極楽浄土そのものに見えたのだろうと想像を掻き立てられます。
posted by Taocat at 15:53| 大阪 ☁| Comment(0) | ええとこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

20年ぶりの明治村

犬山城の翌日は終日、明治村。
imperialhotel.jpg
主要な施設は20年前と変わらないものの、新しく移築された西園寺公望邸や芝川又右衛門邸は、解説付きのおかげで十分楽しめました。
zagyoso.jpg
明治時代を体験するコーナーが増えたからか、解説員が増えたからか、ともかく以前よりも、地味ですがよくなった気がします。テーマパークも進化しないとというところでしょうか。夜のイベントは鵜飼優先のため、行けませんでしたが、面白そうでした。
siden.jpg
posted by Taocat at 22:15| 大阪 ☀| Comment(0) | ええとこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする